「夏S 2018 ももクロトリビュート」で歌われるのはこの曲だ!(といいな)

来たる7月28日(土)にメットライフドーム西武ドーム)でおこなわれる「夏S 2018 ももクロトリビュート~みんなで10周年をお祝いしちゃうぞ!~」。芸能事務所スターダストプロモーションのアイドル部門・スターダストプラネット(以下スタプラ)に所属する12組のグループが一堂に会する、真夏の一大お祭りイベントです。

 

当日はシャッフルユニットやノンストップメドレーなど、さまざまなスペシャル企画が用意されていますが、そのひとつがももクロトリビュート選手権」。10周年を迎えたスタプラの長女・ももいろクローバーZをお祝いするため、残る11組がそれぞれ選んだももクロ楽曲を披露するというものです。

 

これ、自分はとっても楽しみなんですよね。どんな曲を選んでくるかもそうだし、今回の夏Sに出るグループは一応すべて観たことあるので、個々のパフォーマンスにも期待してます。あまりにも楽しみなので、それぞれのグループが歌うももクロのナンバーがこれだったらいいな、という願望を書いたのが今回の記事です。グループ&楽曲の紹介にもなっているといいのですが。なお、登場するグループの順番は自分の観た回数が少ない順です。

 

1.いぎなり東北産×未来へススメ!

●いぎなり東北産

自称「みちのくの最終兵器」、スターダスト仙台営業所発の8人組ユニット。2017年1月、スタダの若手ユニットが集まったイベント「俺のネクストガールズ2017」のファン投票で1位となりメインステージ出演権を得たことで一躍注目を浴び、着実に皆産(ファンのこと)を増やしています。そんな彼女たちに歌ってほしいのはこの曲。

 

●「未来へススメ!


ももいろクローバー/未来へススメ!(MOMOIRO CLOVER/MIRAI E SUSUME!)


2009年に発表されたインディーズ2ndシングル表題曲。2011年に起きた東日本大震災直後のイベントで歌われたこともあり、「ももクロのニッポン万歳!」とともに復興応援ソングとしての意味合いの強い曲です。東北産にとっては初めてカバーしたももクロ楽曲ということもあり、思い入れは深いはず。正直、これ以外の曲を歌うとは考えづらい。

 

2.CROWN POP×D'の純情

●CROWN POP

クラウンポップ、通称クラポ。スターダスト芸能二部所属だったメンバーで結成された6人組ユニット。スタプラ発足後、他グループの出る対バンにも積極的に参加するようになり、じわじわとポッパー(ファンのこと)を増やしている印象があります。夏S後、 #クラポかわいい タグが大いににぎわうことでしょう。

 

●「D'の純情」


【ももクロMV】D'の純情 / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER Z/D'NO JUNJOU)

 

2011年、早見あかりが脱退して「ももいろクローバーZ」に改名した直後に出した5thシングル。クラポとももクロはこれまでほぼからみがなかったので(カバーも定番の「行くぜっ!怪盗少女」くらいしかやっていない)、ダンスが得意であるという強みを活かしたクールな楽曲が合うのでは、という観点で選んでみました。

 

3.ときめき▽宣伝部×オレンジノート

●ときめき▽宣伝部

通称とき宣。スターダスト芸能三部のアイドル部門所属ではなかった娘たちで結成されたユニットですが、なんだかんだでスタプラ入り。現在は6人組として活動中。天真爛漫なキャラクターや毎回趣向を凝らしたイベント内容で、宣伝部員(ファンのこと)のハートをロックオン!しつづけています。

 

●「オレンジノート」


21.オレンジノート -2012.03.11-

 

2011年発売の1stアルバム『バトル アンド ロマンス』収録。「ももいろクローバー」時代からの人気ナンバーで、4人体制になって大きく振付が変わり、モノノフに衝撃を与えた曲です。無印ももクロと同じ6人であるとき宣には、ぜひ以前の振付で踊っていただきたい。ちなみにとき宣には「100%オレンジ」という曲があり、オレンジつながりでもあります。

 

4.ばってん少女隊×ミライボウル

ばってん少女隊

自称スターダストプロモーション100年に1組の逸材」、通称ばっしょー。福岡営業所が母体となった6人組ユニット。スカを基調にしたアグレッシブな楽曲、堅実なツアー行脚やイベント出演でつちかった実力&魅力で、鯛員(ファンのこと)を「愛してまーす!」と叫ばせまくる田舎娘たち。つい先日のZepp DiverCity公演も成功裡に終わった模様。

 

●「ミライボウル


【ももクロMV】ミライボウル / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER/MIRAI BOWL)

 

2011年発売のメジャー3rdにして、6人時代最後のシングル表題曲。めまぐるしい転調やアクロバティックな振付が特徴で、聴けば聴くほどくせになる個性的にもほどがある楽曲。いろいろ複雑な成り立ちがあるのですがそこはそれ。アクロバットができるメンバーがちゃんといる&6人組であるばっしょーにはぴったりかと(ドラゴンボールの主題歌つながりで「『Z』の誓い」もいいなと思いましたが、東京ドーム公演で新アレンジverが発表されたこともありミラボにしました)。

 

5.たこやきレインボー×ザ・ゴールデン・ヒストリー

たこやきレインボー

 「スターダストの最終兵器」として、大阪営業所所属メンバーで2012年に結成された5人組ユニット。なにわで鍛えられたMC力とコテコテの笑いは、ほかのグループにはない大きな武器。今年発売した2ndアルバム『ダブルレインボー』で見せた新しい楽曲のイメージも好印象です。虹家族(ファンのこと)を甲子園球場ライブに導くのが夢。

 

●「ザ・ゴールデン・ヒストリー」


【ももクロLIVE】ザ・ゴールデン・ヒストリー from「桃神祭2016 〜鬼ヶ島〜」DAY2 / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER Z / THE GOLDEN HISTORY)

 

2016年に発売したメジャー16thシングル表題曲。ももクロエビ中にとっての前山田健一、しゃちにとっての浅野尚志など、グループ初期を支えた楽曲クリエイターとして名前があがるのが、たこ虹の場合は浅利進吾。その彼がももクロに提供した楽曲をたこ虹が歌う、これはベストマッチが期待できる組み合わせだと思います。

 

6.桜エビ~ず×Believe

●桜エビ~ず

私立恵比寿中学の妹分グループとして、オーディションによって2015年に結成。現在は6人体制で、カッコいいグループめざして邁進中。大ボリュームのワンマンを定期的におこなっているほか、対バン出演にも積極的。実力を着々とつけています。今年3月に出た1stアルバム『sakuraebis』(ライブ会場のみで販売)を聴けば、ひととおりの楽曲は網羅できます。

 

●「Believe」


Believe

 

厳密にはももクロのオリジナル曲ではなく玉置成実のカバーですが、活動初期から歌われ、「words of the mind」「ツヨクツヨク」と並びカバー御三家ともいえる根強い人気のナンバー(すべて本家との共演時に了解を取っているのもポイント)。桜エビ~ずにはスペルまで完全一致の「Believe」というオリジナル曲があり、西武ドームで「そっちじゃなくてこっちのBelieveかーい!」とツッコみたいのでぜひ。

 

7.ロッカジャポニカ×走れ!

ロッカジャポニカ

 通称ロジャポ。26人体制でスタートした3B junior内のユニットとして2014年に結成された5人組。当初から即戦力として期待されるも、さまざまな要因で平坦ではない道を歩みつつ、2016年にメジャーデビュー(レーベルはももクロと同じEVIL LINE)。オトモダチ(ファンのこと)との結束を強めながら、昨年には日本青年館ワンマンを実現し、今年もツアーや主催対バン企画などを意欲的に進めています。

 

●「走れ!」


ももいろクローバー 走れ!

 

メジャー1stシングル「行くぜっ!怪盗少女」のc/w。ももクロの中でも知名度&人気はトップクラスの楽曲で、いくつもの名場面を生んできました。ロジャポにとっても大事な曲で、2014年のお披露目時に初めて歌ったのがこの曲であり、独自アレンジで音源化もされています(『3B juniorファースト・アルバム2016』に収録)。オリジナル曲が増えてからは歌う機会が少なくなっているので、ひさびさに聴きたいなと。

 

8.3B junior×ココ☆ナツ

●3B junior

 2014年活動開始。芸能三部のアイドル部門にいた娘たちをまとめてひとつにした、スタプラで最も人数が多いグループ。もともとグループ内ユニットだったロッカジャポニカはちみつロケットがいまは無期限武者修行に出ているため、現在は14人体制で活動中。「奥澤村」「リーフシトロン」「マジェスティックセブン」「さくちゃんとじぃじ」の4ユニットが内部に存在します。

 

●「ココ☆ナツ


【ももクロLIVE】ココ☆ナツ from サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER Z/COCO NATSU)

 

メジャー2ndシングル「ピンキージョーンズ」のc/w、夏を盛り上げるひたすら能天気なお祭りナンバー。大箱では放水の演出でおなじみです。3B juniorも夏によくカバーしており、水鉄砲などを小道具に暴れまわるのが常。人数の多さを活かし、ドームをところ狭しと駆けめぐって盛り上げているところが観たい。

 

9.はちみつロケット×MOON PRIDE

はちみつロケット

ロジャポと同じく、3B juniorのグループ内ユニットとして誕生した7人組グループ。通称はちロケ。長年の下積みを経たのち、満を持して今年メジャーデビューし、とにかく勢いに乗っています。チーフマネージャーとして、元チームしゃちほこ担当の長谷川ミネヒコ店長がついたのも頼もしい。ロケッター(ファンのこと)を来年Zeppワンマンに連れていくのが当面の大目標。

 

●「MOON PRIDE


【ももクロLIVE】MOON PRIDE / ももいろクローバーZ(from ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~)(MOON PRIDE/MOMOIRO CLOVER Z)

 

2014年発売のメジャー12thシングル表題曲。同年に放送されたセーラームーンのリメイク版アニメ主題歌です。はちロケのももクロカバーといったらまずはこれ!という楽曲。別会社からメジャーデビューしたことで権利的に歌いづらい状況らしく、こういう機会に復活を期待したい。なお、はちロケ現場ではサビ前にイェッタイガー入れる人が多い曲なので、そこは目くじらたてずにいてください。

 

10.チームしゃちほこ×行くぜっ!怪盗少女

●チームしゃちほこ

チームしゃちほこ オフィシャルサイト

2011年結成、名古屋営業所所属メンバーで構成された名古屋嬢な5人組ユニット。当初より目標にかかげていた地元のアリーナ会場・ガイシホールでのワンマンを成功させ、現在の目標はナゴヤドームでのライブ開催。ライブの熱量ではスタプラ随一との呼び声も高いグループです。2016年の「俺の藤井2016」のバトルで唯一ももクロに土をつけたのも彼女たち。

 

●「行くぜっ!怪盗少女


【ももクロMV】行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER/IKUZE! KAITOU SYOUJO)

 

メジャー1stシングル表題曲。ももクロを代表する超有名曲ですが、しゃちのデビューシングル恋人はスナイパーではその人気にあやかるため、サビの振付を拝借しています(もちろん運営了解済み)。本家本元に敬意を表するとしたら、この曲以外にないでしょう(ほかにも「アイドンケア」という曲でChai Maxxの振付パクったりしてますが)。

 

11.私立恵比寿中学×青春賦

私立恵比寿中学

私立恵比寿中学

2009年結成の6人組ユニット、通称エビ中ももクロに次いで歴史の長いスタプラの次女で、結果としてメンバーの増減が最も頻繁なグループでもあります(多いときは最大で12人いた)。幾多の困難を乗り越え、あくまでファミリー(ファンのこと)を楽しませることを第一にしてくれる、人見知りだけど実力は折り紙つきの一流アイドルです。

 

●「青春賦」


青春賦 ももいろクローバーZ


2015年発表の14thシングル表題曲。映画『幕が上がる』主題歌のバラードです。ももクロはバラードにも良曲が多く、今回のトリビュートでも一曲くらいは入れてほしいと思っていて、それは歌唱力・表現力に優れたエビ中が適任かなと。2017年2月に横浜アリーナのバレンタインイベントでももクロが歌った青春賦は、直前に逝去した松野莉奈さんへ向けてのものだと自分は思っていて、それもあってよけいにエビ中が歌うこの曲を聴きたいのです。

 

 いかがでしょうか? 「いやいや、このグループに歌わせるならこの曲だろ」等ご意見があればお待ちしています。ほかの人の予想も見てみたい。なんにせよ、いまから夏Sが楽しみですね。

 

TIF2016出演スタダアイドルまとめ

もうすぐ開催される世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)2016」、スターダストプロモーション(以下スタダ)所属のグループ参加数が「13」と過去最多、えらいことになっています。

そこで自分の整理も兼ねて、各グループの特徴と、高確率で歌うであろう曲をまとめました。 なお、事前知識として、スタダには芸能事業部が複数あり、今回紹介する人たちの大半はそのうちSECTION3 IDOL(芸能三部アイドル部門)の所属であることと、それとは別に地方営業所が複数存在し、地方在住の娘はそちらに籍を置いていること、この二点を頭に入れておくと理解が早いです。

 

1.佐々木彩夏ももいろクローバーZ) ※5日

言わずと知れたももクロのピンク担当。2014年国立競技場ライブ以降のトピックスとしては、このあたりを押さえておけばよろしいかと。

  • 20歳になった(ももクロ全員20代!)
  • 髪を切ってショートになった
  • メンバー内での呼び方「あーちゃん」がだいぶファンにも浸透している
  • ギターが弾けるようになった(ドームツアーではソロプレイを披露)
  • 圧は相変わらずすごい

●「だって あーりん なんだもーん☆」

スタダのみならず、全グループアイドルのソロ曲でも屈指のキラーチューン。なんだかんだみんな好きでしょ? これと「あーりんは反抗期!」に加え、「スイート・エイティーン・ブギ」というソロ曲が増えましたが、後者は客前で一回しかやってないのでフェスにぶつけてくるかは不明。

 

2.チームしゃちほこ ※6日

チームしゃちほこ オフィシャルサイト | スターダスト芸能3部名古屋発ユニット

2度目の武道館ワンマンを8月末に控えて、まさかのTIF出演。6人グループですが、ピンクの安藤ゆずが体調不良による無期限活動休止(卒業・脱退ではないことに注意!)のため5人で活動中。沸き曲の多さはスタダ1ですが、フェスではアゲ一辺倒なことは意外と少ないのでどう攻めてくるか。

●「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」

とはいえ、間違いなくこの最新シングルは入れてくるでしょう。あとは「トリプルセブン」「乙女受験戦争」「抱きしめてアンセム」あたりの超強力鉄板曲を混ぜるはず。

 

3.たこやきレインボー ※6日

なにわの最終兵器の5人組。5月にavexからメジャーデビューしました。春のZeppツアーを経て、10月に中野サンプラザ、11月に大阪・オリックス劇場での単独公演が決まりと、着実にステップアップしています。

●「絶唱!なにわで生まれた少女たち」

2ndメジャーシングルのリリイベ真っ最中なのでそれは確実にやると思いますが、フェスだからわかりやすく盛り上がる曲も入れるはず。ということでインディーズ3rdのこれは固いかな。

 

4.3B junior ※5、6、7日

芸能三部アイドル部門の通称「3B」の名前をそのままいただいた若手グループ。5つのユニットを内包する26人の大所帯です。昨年は約半数のメンバーでの出演だったので、全員そろうのは今年が初。

●「勇気のシルエット」

名曲。ぜひ生で聴いてもらいたい。

また、自己紹介ソング「ひとつよろしくどうぞ」はコールが26人分(!)あるので、初見ですべて覚えるのは絶対不可能ですが、サビ終わり直後に入れる\こちらこそ!/は、そろうとめちゃくちゃ気持ちいいので、そこだけは覚えておいて損はないです。なお、各ユニットでこの曲を歌うときは、該当メンバーのパートだけをつなげ、それを二回くり返すという変則ショートバージョンでの披露となります。

 

5.ロッカジャポニカ ※5、6、7日

略称ロジャポ。3B juniorのユニット中で唯一メジャーデビューしている5人組。そのデビューが遅れたり、メンバーの体調不良でCDの発売日がズレたりと、たびたび不運に見舞われていますが、その分応援したくなる存在でもあります。

●「教歌SHOCK!」

メジャー2ndシングル。1stで達成できなかったオリコン10位以内という目標を見事クリア(5位)。勉強がテーマの歌で、c/wは教科別(国語・数学・理科・社会・英語)の歌となっています。

 

6.はちみつロケット ※5、6、7日

略称はちロケ。3B juniorの7人組ユニット。最もライブ重視のスタイルで、(有料)単独公演年間50本の公約を達成するべく、精力的に活動中(07/30現在20公演)。

●「お願いメテロティス」

元気な曲が多いはちロケの中では異色の曲調ですが、メンバーもファンも大事にしている一曲。夕方の野外で聴きたいですね。

 

7.奥澤村 ※5、6、7日

3B juniorのユニット。4人組。ももクロ高城れにプロデュースという特徴があり、MC等でさんざんネタに……もとい、敬意を表してれにちゃんに言及します。終始アッパーなのでフェス向きではある。

●「HAPPY★LOOPER」

奥澤村初のオリジナル曲。ご覧のとおりわかりやすいタオル曲なので、ガンガン回してください。

 

8.S★スパイシー ※5、7日

略称Sスパ。何度かメンバー増減があり、現在は2人組ユニット。スタダの全グループ中、最もノリが地下アイドルに近く、ファンの創意工夫度は随一。波長が合えばとても楽しい現場です。

●「SGC★スパイシー」

AKBにも、ももクロにもなぜかゴリラを歌った曲(「ウッホウッホホ」「ゴリラパンチ」)があるのですが、これもそういうゴリラ曲のひとつ。キャッチーさでは上記ふたつにも負けません。

 

9.ときめき▽宣伝部 ※6、7日

略称とき宣。アイドル部門ではない芸能三部のメンバーで構成された5人組。現役Seventeenモデルはじめモデル・女優志望の娘ばかりなのですが、トントン拍子に人気が出て、12月に大宮ソニックシティ(!)公演、さらにはメジャーデビューも決まりました。ブレーンに理事長(芸能三部のトップ)がいるせいか、イベントごとの客寄せ方法がめちゃくちゃ上手という印象。

●「ぴょんぴょん」

ライブで楽しいナンバーということでチョイス。2ndシングルのc/wなのでやらなかったらすみません。

 

10.Le Lien ※6日

「ルリアン」と読みます。芸能三部ではなく、芸能二部所属のモデルで構成された4人組ガールズバンド。めちゃくちゃスタイルいいです。オリジナル曲のほか、ももエビしゃちのカバーもやるので耳なじみはいいかと。

●「斬鉄剣

2ndシングル。確実にやるのは3rdシングル「夏一色」なんですが、動画がなかった。

 

11.桜エビ~ず ※5、6、7日

私立恵比寿中学エビ中)の研究生的ユニット。まだオリジナル曲がない状況で、人数も流動的。今後の展開も不明ですが、いまのところエビ中とは別に独自に活動していく模様。

●「えびぞりダイアモンド!!」

カバーのレパートリーはエビ中を中心に旧3Bの曲など。本日(07/30)の2ndワンマンで初のオリジナル曲を披露するとのことなので、TIFではそちらが中心になるかもしれません。

 

12.ばってん少女隊 ※6、7日

略称ばっしょー。福岡営業所の研究生チームF-GIRLSが前身となった6人組ユニット。4月にメジャーデビュー。MCでの西垣有彩(ピンク)の強烈なキャラは一見の価値あり。

●「ばってん少女。」

インディーズデビュー曲。ここはカバーのチョイスがよいので、オリジナル以外も歌うのなら旧3Bjunior「ダイビング」や、KAGAJO★4S「決められないよ、どっちかなんて」が聴けるかも。

 

13.二代目いぎなり東北産 ※7日

仙台営業所の研究生チーム。ここもオリジナルはありません。カバーはももエビしゃちなど、お姉さんグループの有名曲いいとこ取りです。つい先日新体制になり、この夏からイベント出演が増えてきています。

ライブ動画があがってないので、最新のツイキャスでメンバーをご確認ください。

 

……以上、たいへんざっくりまとめてみました。筆者の主現場はももクロなので、細かい点で誤りがあるかもしれませんが、その点はご容赦ください。

さくら学院2016年度転入生予想

 

はい、今年もやりますよ。

 

さくら学院の2016年度転入式は5月7日(金)に中野サンプラザでおこなわれます(チケットは現在もプレイガイドにて好評発売中)。例年同様に「2016年度転入生のお披露目」があるはずなので、今年も父兄(ファン)の端くれとして、やってやろうじゃないですか転入生予想を。たぶん新潟の女子高生もやってるはずだし。

●前提その1:転入生は何人?

2016年4月1日付でさくら学院に在籍しているのは倉島颯良黒澤美澪奈山出愛子、岡田愛、岡崎百々子、麻生真彩、日高麻鈴(以上中等部)、藤平華乃、吉田爽葉香(以上小等部)の9名。在校生が奇数になるのは2012年度転入式以来二度目です。

2013年度に初めて12名のさくら学院を観たときは「メンバー多いな」と思いましたが、その後2014年度(10名)、2015年度(12名)と観つづけて魂の底から理解しました。さくら学院のパフォーマンスに最適な人数は12人、この結論はもう動かせません。自分の中ではもはや絶対の真理です。

12-9=3。

今回の予想は「転入生の人数は3名」という仮定のもと、おこないたいと思います。

●前提その2:転入生候補者の条件

これまでのさくら学院転入生は「転入する時点でアミューズに所属していて、小学5年生から中学2年生だった女性≒アミューズキッズの女性」から選ばれています。

ですが、アミューズ公式サイトでは昨年のある時点から、中学2年生以上は「キッズ」カテゴリから「俳優・タレント(女性)」カテゴリに移動となりました。つまり、さくら学院アミューズキッズの育成機関ととらえると、今年は(今後は?)中2の転入生はいないのではないでしょうか。2015年度の黒澤美澪奈ちゃんは例外中の例外になるわけですね。

今回は「アミューズキッズ」のカテゴリに含まれる16名の中から、3名を選びたいと思います。

●予想その1

ここからが転入生予想本編です。まず、16名を一覧にしてみました。

 

f:id:teiritsu:20160430020047j:plain

 

あたまに「新」とあるのは2015年5月以降に登録された人です。

まず除外してよさそうなのは、すでに大きな仕事が決まっている人たちです。当然そちらの活動が優先されるので、あえて転入するメリットが薄いですからね。雑誌『ニコラ』モデルの藤本林花美愛さん、連続テレビ小説に出演する根岸姫奈さんは候補からはずしましょう。

……えー、じつはここでしばらく止まってしまいました。例えばChao Smiles*1に抜擢された娘は省こうかなとも考えたのですが、同ユニットがどれだけの頻度で活動するか未知数なので決められない、とか。

●予想その2

そうこうしているうち、一昨日4月29日に転入式のグッズ情報が公開されました。

昨年度は転入式のグッズ、もっといえばその図柄に転入生のヒントが隠されていたのは、父兄の皆さんならご存じでしょう。2015年度は、船のオールの本数が在校生、空を飛ぶ鳥の羽数が転入生の、それぞれ人数を表していました。もしかすると今年も……?

ということで詳細に見ていきます。まずは図柄を拡大してみましょう。

f:id:teiritsu:20160430225031j:plain

いろいろ読み取れそうです。まず思いつくのは、花火の数=転入生の人数ではないかということ。三発というのは「転入生が三人はいる」という最初の仮説と合致しますね。去年の鳥と同じく、空にあるという点も意味深長です。

次に、お城に注目しました。お城は昨年の船と同様、さくら学院そのものの象徴です。そのお城から、空に打ち上がった花火を眺めるには窓から外を見ないといけません。窓の数は……9つ! おお、これはそのまま在校生を表しているとよさそうです。

まとめるとこうです。

  • 飛ぶ鳥=花火=転入生
  • 船=お城=さくら学院
  • オール=窓=在校生

「転入生は3人」という仮説に強力な援護射撃です。ここで、さらにもっと大胆に考えました。この画像には、さらにヒントが隠されているんじゃないか?

●予想その3

じっと見ていてどうしても気になるのは、やはり転入生を表しているであろう花火です。形も高さもすべて異なる(上と左はほぼ似た形状ですが微妙に違う)。ここになんらかの含意があるように思えてなりません。例えば小等部と中等部の差を表している、とか……?

ふと思いたち、星(円の中心から尾を引いて流れる火花のこと)の数をかぞえてみました。上が24本、左も同じく24本、右が9本でした(いずれもまっすぐのびる打ち上げ時のものは除く)。

 この「24、24、9」という数字を読み解けば、転入生を特定できるのではないか?

ほとんど暗号解読のノリですが、だんだん楽しくなってきたしほかにこういうアプローチをする人はいないだろうから、今回はこのやり方をつきつめることにしました。

では、この数字があらわすものは何で、該当するのは誰なのか。あれこれ試行錯誤しました。長くなるので、以下その結果を箇条書きでまとめます。

  • 誕生日→9日、24日とも該当者なし=ハズレ
  • あいうえお→9番目の文字は「け」、24番目は「ね」。姓名が「け」「ね」で始まる該当者なし=ハズレ
  • いろは→9番目の文字は「り」、24番目は「う」。「り」の該当者はなし、「う」は植村友結(うえむら・ゆい)さんひとり=ハズレ
  • アルファベット→9番目の文字は「I」、24番目は「X」。ともに該当者なし=ハズレ
  • 周期表→9番目は「F(フッ素)」、24番目は「Cr(クロム)」。「F」は藤澤遥(ふじさわ・はるか)さんひとり、「Cr」はなし=ハズレ

……とまあ、いろいろ試した結果、これならば!というものをようやく見つけました。

●予想その4

それはずばり「画数」名前(ファーストネーム)の総画数が9もしくは24になる人が、2016年度の転入生ではなかろうか、という結論に至りました。なお、苗字(ファミリーネーム)、姓名の合計、姓名(ひらがな書き)、姓名(カタカナ書き)はすべて試して、該当者がいないことを確認しております。

はい、お待たせしました。先に一覧であげた16名の中で、条件に該当する人はこちらです。

 

新谷ゆづみ(しんたに・ゆづみ)さん

ゆ(3)+づ(3)+み(3)=9。中学1年生。「ちゃおガールオーディション☆2014」準グランプリで、Chao Smilesの一員になることが決まっています。去年も候補に挙げていてはずれたんでしたが、そこはそれ。

三浦瑚都(みうら・こと)さん

瑚(13)+都(11)=24。中学1年生。2015年に事務所にはいりました。特にこれといった仕事はまだないようので、転入させるのならここで磨いていくのでしょうね。

 

……はい、ということで該当者はこのふたりです。

「いやいや、お前転入生は3人って言ってただろ」って? わかってますよ。でも「9」と「24」に該当する人で一覧表にあるのはふたりだけなんですよ。一覧表にあるのは。ということで、わたくしが最後のひとりとして候補に挙げるのは彼女です。

 

小島華蓮(こじま・かれん)さん

小学4年生。「ちゃおガールオーディション☆2015」準グランプリ。彼女もChao Smilesのメンバーです。もし転入すれば、史上最年少でのさくら学院入りとなります。

「華(10)+蓮(13)」だと画数23なんじゃないの? というツッコミはあるかもしれませんが、「蓮」の字が厳密には正字旧字体)だとすれば「しんにょう」の点がひとつではなくふたつなので画数は24となります。というか、そういうふうに考えないと24画になる該当者がゼロだったので……。

 

と、最後はかなり強引にまとめましたが、2016年度転入生は「新谷ゆづみ、三浦瑚都、小島華蓮」の3名と予想します。答え合わせは5月7日に中野サンプラザで……!

 

……そうそう、これはたっての希望なんですが、職員室は入学試験動画を復活してください。なんなら転入式終わったあとの公開でもかまいませんので。

*1:ちゃおガールオーディション歴代受賞者からなるスペシャルユニット